花壇の作り方・初心者のためのABC…へ、ようこそ!

花壇の作り方には、色々な方法と種類があります。花壇1

例えば“毛氈花壇(もうせんかだん)”といって、比較的に背たけの低い花を、まるでじゅうたんを敷き詰めたかのように植え込んで行く花壇の作り方…。また、“沈床花壇,(ちんしょうかだん)”といって、花を幾何学模様に植え込んでデザインした花壇の作り方などもあります。

自分の家の庭に作る花壇の作り方としては、寄せ植え花壇、ボーダー花壇模様花壇レンガの花壇などがあり、これらは楽しみながら比較的簡単に作れる花壇の作り方だといえます。

以下、家庭で作れる花壇の作り方、種類について簡単に紹介します。
あなたも、ぜひチャレンジして花壇づくりを楽しんでください!

花壇の作り方の絵寄植え花壇
花壇の中央部に草丈の高い花を植え、中央部の周りに草丈の低い花を植えていく花壇のことです。 大きな花壇だけでなく、一般家庭の庭やプランターでもできます。寄せ植え花壇

鉢やプランターなどに花を寄せ植えしてつくる感じで、花壇に花を寄せ植えしていきます。

花壇の作り方の絵2ボーダー花壇
塀やフェンス、建物など境界線に沿って、手前に背の低い花、奥に行くほど順に背の高いものといった配置で立体的に花を植えていきます。境栽花壇とも言います。この花壇は、庭に自然な風景を再現させるやり方で、さまざまな種類の草花を楽しむことができます。

花壇の作り方の絵3円形花壇
文字どうり円形に作る花壇です。立体的で見栄えが良い植え方は、中央部分に背たけの高い花を、外側の縁にいくにしたがって背たけの低い花を植えていきます。

花壇の作り方の絵4模様花壇
直線模様や唐草模様などのデザインで、1年中いつも花が咲いているように模様を描いてる作る花壇です。模様花壇主に1、2年草の草花を植えます。春夏秋冬の季節ごとに、その時期に見ごろの株をつぎつぎに植えつけていく、大変美しい花壇です。

宿根草花壇
一度植えておくと、毎年芽を出して花を咲かせるという、まったく手間のかからない花壇です。宿根草には丈夫な種類が多くて、育てる手間もあまりかかりません。しかし、絶え間なく花を見るには、季節ごとに咲く花の種類をあらかじめ検討しておく必要があります。

花壇の作り方の絵5球根花壇
球根の草花は宿根草花と同じように宿根する種類ですが、花が派手なので花壇がたいへん華麗になります。ただ、球根は値段が高いので、種子でつくる花壇より費用がかかります。

花壇の作り方の絵7

花壇の作り方での注意点…花の開花する時期

花壇作りで大切なことは、植物の色や草丈を考えて、植える花を選ぶことです。
そのときポイントとなるのが、花の開花する時期のことです。

このことを考えて花を選ばないと、ある時期だけ花の開花がいっせいに集中して、後は何もないとてもさびしい花壇になってしまいます。花壇3

花壇作りでは、選ぶ花の開花期のことを考え、一年草、多年草、宿根草、球根類など、色々な種類の花を組み合わせるようにしましょう。
そうすると、1年中、美しい花をさかせた花壇を楽しめます。