チューリップと球根について述べてみます。

チューリップは、花壇つくりには欠かせない美しい花です。そして、チューリップといえば球根です。この誰にでも人気がある花を、初心者でも球根から発芽させ成長させる方法について述べて見ます。



“チューリップ”は子供にも、とても人気のあるお花です。

最近では色々な品種が出回っています。“どれにしようかと”選ぶのも悩みますが楽しみの1つです。

初心者の人でも簡単に花を咲かせることができるので、是非チャレンジして植えてみてください。



球根植物は、代表的なものは、チューリップです。一般的に、春植え球根、夏植え球根、秋植え球根など、様々ものがあります。

チューリップは背が高くなり、足元が少し寂しい感じがします。草丈の低い植物と寄せ植えすると、より可愛らしく見栄えがよく仕上がります。

まず第一に良い球根を選ぶこと…これが、りっぱな花を咲かせるコツです。

大きさを比べ、より重いものや形が大きいものを選びましょう。カビ、傷、虫食いの跡、病班があるものは避けましょう。普通は、外側に茶色の薄皮が付いていますが、これははがれていても大丈夫です。

植えつけの時期は、通常10月下旬から11月、寒冷地では9月中旬からが最適です。

気温が15度前後に下がり、涼しくなってきてから植えつけてください。

花壇に植える場合、球根の根がしっかり張る様に、土をよく耕しておきます

植えつける深さは、球根の3個分の深さが基本です。間隔は、球根2個分空けるのが一般的ですが、少し狭めて植えた方が見栄えがします。

花壇に植えた場合は、頻繁な水やりは必要ありません。

気をつけたいのは病害虫です。球根の芽吹く時期は特に“アブラムシ”がつきやすいので注意してくださいね。

“オルトラン粒剤”などをまいて、早めに予防しておくとよいでしょう。

“チューリップ”はコンテナにも植えることができます。

芽が隠れる程度に浅植えして、地面の下に根が張る様にスペースを確保してやります。

霜が降りてきた時に浅く植えすぎると、球根が持ち上がってしまいますので、気をつけてください。

コンテナへ植えつける時の間隔は、球根1個分が目安ですが、やや間隔を狭めて植えた方が、見栄えが良くなります。