パンジーとビオラは、花壇つくりでは冬の定番といえますが、意外とその花の詳細は知られていません。今回は、そのパンジーとビオラについて少し考えて見ます。

“パンジーとビオラ”は、種類や花色によって表情が少しずつ違います。それだけで寄せ植えしても素敵です。

どれを選ぼうか迷ってしまいますが、“パンジーとビオラ”をバランス良く混植させたり花輪を統一して植えたりと、あれこれデザインを楽しみながら植えてみてください。

“パンジー”と“ビオラ”の始まりは、野生の三色スミレです。現在の“パンジー”はこの三色スミレがイギリスで品種改良されて、18世紀の半ばにが誕生したものです。、“ビオラ”が誕生したのは、それより少し遅れて19世紀終わり頃です。

“パンジ”ーの名前の由来は、「パンセ」という言葉からで、パンセとはフランス語で「思考」という意味です。この花の部分が考えている人の顔に似ていたことからその名がつきました。

そう言われて見ると確かに“パンジー”って、どこか人のお顔に似ていますよね。

おり、一般的には、花の大きさで区別されることが多いです。

花径が2、3cm以下のものを“ビオラ”、5、6cm以上のものを“パンジー”と呼ぶことが多いようです。

“小輪パンジー”と呼ばれているものがありますが、その中間くらいの大きさのものです。

ですが、最近ではさらに品種改良が進んでおり、両者の性質の差はなくなりつつあります。

“パンジーとビオラ”は、とにかく品種が豊富です。

花弁の縁がフリンジしているものもあり、“強いフリンジ咲きの「オルキ」は、道行く人が立ち止まるほど華やかで存在感があります。

大きさや色も様々です。花径が約12cm以上にもなる“パンジー”は、一輪だけでも見応えがあります。

「スプリングタイムブラック」という品種もあり、花色が黒い色をしています。

冬の寒い時期にも、“パンジー”と“ビオラ”は元気な花を咲かせて、私たちの目を楽しませてくれます。

春になると、大株に成長し、次から次に開花して美しく花壇を彩ってくれます。

冬から春にかけての花壇には、私たちを楽しませてくれる花として、欠かすことができない大事なお花です。