パンジービオラの育て方はどうしたよいのでしょうか?

冬に咲くこの花は、初心者でも比較的取り組みやすい花です。

今回は、花壇の花として、このパンジーとビオラの育て方の解説をします。水やりや肥料の施しはもちろん、より綺麗に咲かせるための花がら摘みなどに触れてみます。



“パンジー“と“ビオラ”では、“ビオラ”の方が耐暑性が強く、春遅くまで楽しむことができます。しかし、ゴールデンウィーク頃までが限界です。(涼しい地方では、もう少し後まで可能ですが・・・)

株の姿が乱れてきたら、感謝の気持ちをこめて、枯死状態ですので、思い切って抜いてしまいましょう。

“パンジー”と“ビオラ”は、お花の部分だけお皿やコップに浮かべたり、花瓶に挿したりしても素敵です。最後まで、楽しんでください。

では、パンジービオラの育て方について話します。

冬の花壇に欠かせない“ビオラ”と“パンジー”は、開花期がとても長く、丈夫な草花です。

様々な品種があり、花壇でも寄せ植えでも使いやすく、ガーデニング初心者の人でも育てやすいのですが、より長く花を楽しむために、育てるときのポイントをおさえておきましょう。

植える時は、日当たりのよい場所を選んでください。半日陰でも育ちますが、やはり日光がよく当たる場所のほうが花つきが良いです。

植える時期にも気をつけましょうね。

園芸店では10月頃から苗が出回りますが、弱いものが多いのでよく気をつけて選んでくださいね。

また、暖かい時期に植えてしまうと、徒長してしまいます。慌てずに、最低気温が10℃くらいになるまでは植えない方が良いでしょう。

“パンジー”と“ビオラ”は、乾燥が苦手です。特に鉢植えやハンギングは水を切らさないように気をつけましょう。

冬場は早朝や夕方に水やりすると、株が凍ってしまう場合があります。冬場の水やりは外気温が上がってくる午前中がベストです。

花が咲いている間の肥料やりは、2、3週間に一度、花の最盛期…3月からは1週間に一度、液肥を与えてください。

冬場は、株の育たないので肥料のやりすぎに気をつけましょう。

綺麗に咲かせるためには、“花がら摘み”も大切です。

雨で濡れている状態で、“花がら”が残っていると“灰色カビ病”の原因になる場合があるので雨の続く時は特に丁寧に取り除いてください。