害虫は花壇の花の敵です。薬で駆除しましょう。

花壇の作り方でちょっとやっかいなのが、この害虫駆除です。

今回は、美しい花壇の花をまもるため害虫対策の薬の使用などの害虫駆除の方法を解説します。



園芸店に行くと、色々な害虫対策の薬があります。

容器に書いてある説明をしっかり読み、被害を受けている植物の症状にあった薬剤を適切に使い、やたらに撒かないようにしましょう。

いつも置いておくと便利なものは、“オルトラン粒剤”です。

“カイガイラムシ”、“アブラムシ”や“ケムシ類”など、ハダニ以外の様々な虫に効果的です。

植物の株元に薬をまいておくと、水にとけて植物が根から吸収します。

手軽に利用できて、速効性はありませんが、効果は長持ちしますよ。

すぐに虫を退治できる、スプレータイプの殺虫剤も常時用意しておくと安心で便利ですね。

害虫駆除の鉄則は見つけたら『すぐに退治する』ことです。

春は特に、植物が色とりどりの花を咲かせて、華やかになる季節ですが、同時に虫も活動しだす季節です。

上手花壇の花を育てるには、きめの細かい観察が大切です。

慣れない時は、花が虫に害されて“病気”になっていても気づかないことがあります。

毎日注意深く観察していると、花のちょっとした変化にも気づくようになりますよ。

葉の表面に“カビのような白いものが付いていないか”、“葉に変な模様がないか”、葉や花が食べられていないか”、“株元はしっかりしているか”、“周りに虫のふんが落ちていないか”、などをチェックしましょう。

1つでも見つかったら、“虫の被害”を受けている可能性は大です。

すぐに被害の対策をしてあげましょう。



このように、ガーデニングを楽しんでいる人には“虫の対策”は、避けられないことです。

花壇でお花を楽しませてくれる植物は、特に虫の被害を受けやすいです。

“虫は苦手”ですので、どうも・・”という人は結構多いと思います。でも、そんなことばかりは言ってられません!

可愛い植物のために頑張って“虫の被害”から守ってあげましょう。