梅雨のじめじめした季節は、人間にとっても非常にいやな季節です。

これは、花壇や鉢植えの植物にとても辛い季節です。意外にも、この時期は水分がたっぷりあって、花壇の植物には好条件だと思っている方もいるかもしれません。

今回は、この梅雨と花壇つくりについて述べてみます。

雨が多い梅雨が過ぎ、暑い夏が終わると、やがて花たちが元気を取り戻す秋がやってきます。

秋に多くの花を楽しむことができるように、梅雨の時期からしっかりと対策をしておきましょう。

乾燥を好む植物は長期間雨にあたったりすると、花が傷んで『病害虫』が発生しやすくなり、根腐れを起こしたりしまいます。すべての植物を移動させるのは難しいですが、大切なものだけでも、雨の当たらない場所に取り込んでやることが一番大事です。

花壇などどうしても雨に当たってしまう植物には、梅雨の被害を抑えるために、十分な対策を早めにしておきましょう。

鉢植えは直接地面に置くと、ナメクジの被害にあったり、はねた泥が葉裏の気孔をふさいだりしまいます。鉢植えは台やスノコの上に置くなどして対処しましょう。

鉢植えなら移動させたり、台の上に置いたりして、はねた泥が葉裏の気孔をふさいだりするなど対処できますが、花壇の植物はどうしたら良いでしょう。

泥はねを避けるために、根元にマルチングをしてやります。根元にワやラ腐葉土などを敷いておくと良いでしょう。

また、雨の降った翌日が晴れた場合は、軽く水をかけて葉についている泥を落としておくと良いでしょう。

梅雨の晴れ間の直射光線はいがいと強力です。水滴をたっぷりと含んだままの株に直射日光が当たってしまうと、株の内部から蒸れて傷んだり、時には枯れてしまったりすることもあります。

“このような蒸れによる被害を小さくする為に、“間引き剪定”をしておく必要があります。

“間引き剪定”とは、茎や込み合った枝を間引いて、十分に風が通るようにすることです。

花壇で寄せ植えされた植物や大きく育った株などは特に“中心部”が蒸れやすく、“病虫害”の原因にもなります。思い切って“中心部”の茎を間引いてやり、風通しを良くしてやりましょう。