球根の花の育て方と球根の保管は大いに関係があります。

花壇には球根植物も植えますが、咲き終わった球根を保管するのも大事なことです。

球根は基本的に丈夫です。が、開花時期を終えて長い眠りにつく球根は大切に保管して、次の開花時期に備えましょう。

今回は、球根植物と球根の管理方法について述べてみます。

“チューリップ”や“クロッカス”などの球根植物は、短期間で生育し、花を咲かせます。花壇やコンテナなどで、愛らしく咲いていた球根植物は、花が終わると枯れてきます。ここで注意しておきたいことは、開花後の葉の刈り取り時期が大事です。

翌年、花つきが悪かったり、花が咲かないなどといった原因は、花が終わった後にすぐに葉を刈り取ってしまったことによるものが多いのです。

開花後は、花がらを摘んで結実しないようにしておきます。また、葉が半分以上黄色くなるまでは、葉を刈り取らないようにしましょう。

球根を掘り上げるのは、地上にでている葉や茎の部分がが約3分の1以上枯れてくるのを待ってからにしてください。

掘りあげた球根は“、害虫がついていたり”、“病気に侵されていたりしてないか”をよくチェックして、健全なものだけを保管しましょう。

“ペンレート水和剤1000倍液”に30分ほどつけて殺菌しておけば大丈夫です。

殺菌後は、よく乾燥させておいてください。

乾燥したら、ネットや紙袋に入れて、直射日光の当たらない、風通しが良い場所で保管します。春植えの球根の保管は、“新聞紙”などにくるんでおき、温度変化が少なく、0度以下にならない場所で越冬させてください。

色々な球根を保管しておく場合、球根だけでは何の球根か判別しにくいので、植える時に一目で分かるように、花の種類や花色などを書いて添付しておくと便利です。

球根の中には、毎年、掘りあげなくてもよいものがあります。

“ムスカリ”や“スノードロップ”“オキザリス”などは、堀り上げない方が、花つきが良くなります。

花壇やコンテナのスペース的な問題もありますが、なるだけそのままの状態にしておいてください。