花がら摘みは花の大切な手入れのひとつです。

花壇に咲いた花の管理にも、いろいろなやり方があります。

毎日の管理が、綺麗に出来上がった花壇をより長く楽しむことに繋がります。

今回は、花壇に咲いた花の管理…花がら摘みについて少し触れてみます。



花壇の花の大切なお手入れの1つに、基本的な水遣りという作業の他に、“花がら摘み”があります。花壇に咲いた色とりどりの花々や、寄せ植えでお洒落に植えられた花々。

そんな花々の美しさをできるだけ長く楽しむためには、日々のお手入れが大切です。

咲き終わった花を放置すると、見た目が悪いだけでなく、結実して次の花が咲きにくくなります。また、落ちた花びらを腐らせると、“灰色かび病”などの病気の原因にもなってしまいます。



花柄摘みのやり方

“花がら摘み”のやり方は、花の種類によって少しずつ違います。

“バラの花がら”は、枝の一番上にある“五枚葉”のすぐ下で切り取るのが基本です。

残した葉の付け根から新芽が出てきます。

“茎”が柔らかいものは、手で摘み取って大丈夫です。

ただ、“ペチュニア”は触るとベタベタするのでハサミを使う方がおすすめです。

花が房状につくストックなどは、終わった花から順番に摘み、最後の花が終わったら花茎の付け根から切り取ります。

“ビオラやパンジー”、“プリムラ”は、枯れた花茎の基部から摘み取って、できるだけ花茎を残さないようにします。

“チューリップ”などの球根類は、花首(花と茎の境目)で切り取ります。葉や茎は、球根を太らせるために残しておきます。

日当たりの良い花壇に咲いている花は、次々と花が咲きます。

また、開花の最盛期の鉢の花は、そのままにしておくと、すぐに“株”が疲労してしまいます。

1日に1回は見回って、七部通り咲き終えた花は思い切って摘み取ってしまいましょう。