花の種まきは、花壇つくりには大事な作業です。

花の種をまいて発芽させ、それを成長させていきます。今回は、この花壇作りの花の種まきについて少し触れてみましょう。花の種まきは、初心者は発芽率が高いものを選ぶのがコツです。

“花の種まきは難しそう”と敬遠する人も多いと思いますが、一度チャレンジしてみてください!

きっとその楽しさに、やみつきになってしまうことでしょう。

種は、花によって、形や性質、大きさもそれぞれ様々です。

一般に春に開花する植物は秋に種まきを、夏から秋にかけて開花する植物は、春に種まきします。

お店で売られている種袋には、その種のまき方や育て方、発芽適温など、要点がたくさん書かれています。“発芽確率”も書かれているので、初めて挑戦する人は発芽率が高いものを選ぶと良いです。

用土は種まき用土が市販されているので、それを使うと便利です。

自分でブレンドするなら、“赤玉1:ピートモス1の割合”です。

種まき用のトレイなどもありますが、卵パックや牛乳パック、イチゴパックの側面を切り取ったものなどでも代用できますので自分が使いやすいものを使ってください。

小さな種をまく時は、“ピートモス”を平板状にした「ピートバン」がおすすめです。

無菌で肥料も含まれており、発芽率が高いので、失敗が少ないですよ。

種をまいた後は、雨のあたらない半日陰の場所に置いておきます。

発芽してきたら、少しずつ様子を見ながら、日向へと置き場所を移していきます。

子葉が開いて、込み合ってきたら、間引きをする必要があります。

せっかく出てきた芽を間引いてしまうのは、≪かわいそう≫と思ってしまいがちですが、丈夫な苗を育てるためには、しっかり“間引きをして”おくことが大切です。

双葉が開いてしっかりしてきたら“黒ポット”に植え替えます。

ポットの土は、一般の園芸用の土でOKです。

苗を移す時は、根を傷めないように心がけて用土ごと移してください。

ここでも> “間引き”が重要となります。双葉が開いてしっかりしてきたら、元気なものを1つ残して、後は間引いてしまいましょう。

ポットの中で元気に育ってきたら、いよいよ花壇にデビューです。

種まきしたものは、一般に園芸店で売られる苗よりも開花時期が遅い様ですが、丈夫で大きく育ってくれます。

お店で買ってきた苗を植えて、花壇で大きく育てるのもガーデニングの楽しみのひとつですが、自分で種から植物を育てるのも、また違った楽しさがあります。

種から育てれば、お店で苗をたくさん買ってくるより経済的ですし、園芸店などにはない品種の種も、通信販売で比較的簡単に手に入れることができます。

なにより、自分で種から育てた苗を鉢植えや花壇に植えて楽しむことができたら、とっても嬉しいですよ。