花壇つくりの基本である水遣りのポイント・その2…です。

水遣りは、ただやるだけではだめで、ポイントを抑えてやらなくてはなりません。

今回は、季節によって違う水のやり方の解説です。

簡単そうで、難しい水遣り。

植物が元気に育つかどうかは、水遣りの仕方が大きく影響してきます。

花壇やコンテナなどによっても、水遣りの仕方には違いがありますが、季節によっても大きな違いがあります。ポイントを押さえた水遣りをしましょう。



春から初夏にかけての季節は、植物の生長が盛んな季節です。水遣りにも特に気を配る必要があります。

土が乾いてから、水をたっぷりと与えましょう。

ただし、冬の間に水遣りを控えめにしていた植物は、温かくなってきたからといって、急に水を増やすと、根を傷つけることになってしまいます。少しずつ水を増やすように注意しましょう。

夏の水遣りは、比較的涼しいと感じる早朝に水遣りをすることがベストです。タイミングを逃した時は、夕日が落ちて暑さがおさまってから水遣りを行ってください。気温が高い間に水遣りをすると、蒸れて“株”が弱ってしまいます。蛇口やホースに溜まっていた水は高温になっていることがあるので注意してくださいね。

逆に冷えた水を与えると、“ショック状態”に陥ることもあります。必ず水の温度を確かめてから与えてください。

ハンギングや鉢植えは、乾燥しやすいので、しおれさせないように気をつけましょう。

“お庭への水遣り”は、花壇だけでなく、お庭全体に水をまくと良いですね。

秋も、春と同様、植物の生長が盛んな季節ですので、“十分な水遣り”を行ってください。

10月下旬ごろになり、気温が下がってきます。植物の生長も鈍くなってくるので、だんだん水の量を減らしていきましょう。

冬は植物の生長がかなり鈍くなります。 この季節に“水をやりすぎる”と、根を傷めて、腐って枯れてしまうこともあります。水遣りはできるだけ“控える”ようにしてくださいね。

夕方の水遣りは特に禁物です。夜のうちに水が凍ってしまうことがあるので、暖かい日の“午前中”に行いないます。夕方には鉢の土の表面が乾いているようにしておきます。

面倒ですが、水道の水にお湯を足すなどして、15℃くらいに温めた水を与えるのがベストですよ。