花壇の肥料には元肥と追肥の方法があります。

花壇作りに欠かせない肥料のやり方は、どうしたらよいのでしょうか?

花壇の肥料のやり方は、植えるときには元肥を、苗が根付いたら追肥を施すなど、ちょっと専門的になります。

今回は、この花壇作りの肥料のことについて少し述べてみたいと思います。

鉢植えや花壇の植物を健康に育てるためには、どうしても肥料が必要です。

肥料は、ただやみくもに施すのではなく、与える時期を考え、目的にあった肥料を施すことが大切です。

肥料の種類

油かすと有機質肥料の2種類が大きく分けられます。

有機質肥料は、化学的に合成された化成肥料と自然のものが原料となっているものがあります。

また、タイプも様々なものがあり、液体タイプ、粉末タイプ、固形になっているものなどいろいろです。

一般に、液体肥料は、速効性のものが多くみられます。反対に、固形の肥料は効果が長持ちする緩効性のものが多いといえます。

具体的な肥料のやり方

まず、元肥をやります。植物の苗を花壇などに植える時に必要な肥料です。

根の生長を促す肥料で、植物がしっかり土に根づくようにします。

肥料効果が持続する“緩効性の有機質肥料”や“化成肥料”を元肥として使用します。

次に、追肥をします。時期は、苗がしっかり根づいてきたころに実施します。

植物の成長に従って、不足してくる栄養分を補うための肥料が追肥です。

これには、速効性の肥料を使います。肥料を入れてすぐに効果が表れる必要があります。

速効性のある肥料は、効果が10日前後しかもちません。1、2週間に1回の割合で施します。

肥料やけに注意しましょう。

肥料やけとは、肥料の量が多すぎたり、濃度が濃すぎたりすると、根に障害を起こしてしまうことです。

ひどい場合は根腐れして枯死してしまいます。そこで適当な時期に、適量を施すことが大切です。液体肥料の場合は、容器に薄め方が記されているので『量を調節し』、『濃すぎないよう』に気をつけてください。

また、花によって“肥料がたくさん必要な花”と“それほど必要としない花”とがあります。見分けるのがなかなか難しいですが、植物の性質をよく把握してから施すようにしましょう。